あなたも二重美人の仲間入りしませんか?

部分切開

二重

二重整形の方法に、部分切開法と呼ばれる種類があります。
部分切開法とは、局所麻酔をしてまぶたに小さくメスを入れます。
切開法と聞くと、広くメスを入れる方法を想像するかもしれませんが、部分切開では約1cm~2cmしか入れません。

埋没法は気軽にできる方法ですが、人によってはこの方法が適さないこともあります。
埋没法はやり直しが可能というのが特徴ですが、まぶたに厚みがあると、縫い合わせる時に使っていた糸が切れてしまうことがあります。
こういう時は、埋没法よりも部分切開法の方が向いているかもしれません。
まぶたに厚みがある時でも対応可能ですし、全切開法よりも切る部分が少ないのがメリットです。

その他には、同じメスを入れる手術でも傷跡が小さいというのが特徴です。
3ヶ所を少しずつ切開する方法や、1ヶ所を切開する方法がありますので、それによっても傷跡が変わってきます。
そして術後の傷跡もできるだけ目立たないように医師が配慮してくれるので、傷跡から整形がわかってしまうという心配が強い方は相談してみましょう。