あなたも二重美人の仲間入りしませんか?

埋没法

鏡を見る女性

二重整形の埋没法は、まぶたにメスを入れない方法です。
まずはカウンセリングで、なりたい目元を伝えます。
なりたい目元を伝えると、それに合わせて二重の線をデザインしていきます。
末広型や平行型などだけでなく、なりたい二重の幅の広さも、人によって好みが違います。
今はシミュレーションもしてくれるところがあるので、納得いくまで好みを伝えることができます。

埋没法では、特殊な糸を使ってまぶたを縫い合わせます。
多少痛みや腫れはありますが、他の方法と比べるとそれらが少ないのが特徴です。
これは糸を使って縫い合わせるという方法なので、やり直しも可能というのがメリットです。
腫れや痛みが治まるまでの期間は個人差がありますが、施術時間や腫れが治まるまでの期間も他の方法と比べると比較的短いです。

詳細については医師から説明がありますが、当日のシャワーや洗顔も可能となっています。
完全に腫れが引くまでは数日の期間を要しますが、それでも以前と比べて比較的容易になってきているのは事実です。
シャワーや洗顔ができるのであれば、術後のストレスも軽減されるので、そういった意味でもこれまでより気軽に二重整形ができるようになったといえます。